保険のビュッフェに相談!予定利率が高い保険の見直しと選び方

予定利率が高い保険を選ぶことが重要

予定利率とは、契約者に対して約束される運用利回りのことです。予定利率が高いほど、返戻率が高くなり、保険料は安くなります。例えば、20歳の男性が終身保険に加入して、月額1万2,810円の保険料を毎月支払ったとすれば、60歳になる時点では総額が614万8,800円となります。この直後に解約をした場合、解約返戻金額は771万2,600円となったとします。

この場合、返戻率は125.4%となります。定期預金で積み立てるよりもはるかに高い利益を得られていることになります。終身保険を選ぶ理由の1つは、この貯蓄性にあります。

 

保険のビュッフェで選び方を学ぶ

保険のビュッフェでは、お金の専門家であるファイナンシャルプランナーによる無料相談が受けられます。訪問相談をしてくれるので、店舗まで行く必要はありません。終身保険は人生の総コストで考えると1000万円を超えるような商品もたくさんあります。自分に合った生命保険を選ばないと、大きく損をしてしまう可能性もあります。

ファイナンシャルプランナーからアドバイスを受けて、賢い保険の選び方を学んでおくことがおすすめです。また、生命保険は契約をした後も、適宜メンテナンスをしていくことも重要です。保険のビュッフェではアフターサポートもしっかりしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です